夜空で聞いたチャルメラの音 夜間中学で思い出す優しさ

有料会員記事

宮崎亮
[PR]

 夏の夕暮れ。校庭の隅にある教室に西島保さん(72)が入ると、級友の女性が長机で先生と話しこんでいた。フィリピン出身の40代。いつもは人なつっこいのに、ティッシュで目元を押さえ、化粧が涙で流れ落ちている。「何かあったん?」

 奈良県橿原(かしはら)市の畝傍(うねび)夜間中学。30人余りの生徒は年代も国籍もまちまちだ。西島さんが入学して間もない、2017年のことだ。

 彼女が言うには、昼間働いている工場で日本人の上司から冷たくされるのだという。10代の2人の子を育てるために、夜はラウンジの仕事にも通う。そう話してはまた泣いた。「なんとかしてやりたいなあ」。娘のような世代の涙を見ながら、西島さんは19歳で出会ったあの人のことを思い浮かべた。

 奈良県の貧しい家に生まれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら