左利きの子も使いやすい 袋に目印「成功体験つなげて」

若松真平
[PR]

 日清シスコのコーンフレーク「シスコーン」。パッケージの端の方に目印を付けることで、右利きでも左利きでも中身を注ぎやすいよう工夫がされています。「お子さまの成功体験につながればと企画しました」と話す担当者に聞きました。

「持ち手マーク」とは

 「持ち手マーク」と名付けられた目印が付いているのは、シスコーンBIGシリーズの5品。

 パッケージの左上と右下に、赤い丸とシスコーンのキャラクター「シュガーちゃん」が描かれ、「みぎききの人」と書かれています。

 右上と左下には、青い丸と「チョコ兄やん」のイラスト、そして「ひだりききの人」の文字があります。

 利き手に応じてそれぞれを持つことで、中身を注ぎやすくなるように付けられた目印です。

 先日、このマークがツイッターで紹介されると、「左利きへの配慮、泣ける」「色味やフォントにも分かりやすさがあふれてる」といったコメントが寄せられ、話題になりました。

日清シスコに聞きました

 「2018年から採用していて、このマークがついている商品はすべて右利き、左利きの両方を記しています」

 そう話すのは、マーケティング部の関根友代さんです。

 シスコーンは小学生以下の子どもがいる家庭を中心に売れているため、親子向けの企画の一環として導入したそうです。

 「当社は、お子さまの成長の過程において、自分ひとりで何かを成し遂げるという成功体験をもつことが重要と考えています。シスコーンはお皿にそそいで牛乳をかけるだけで食べられるので簡単に準備ができ、成功体験を得られやすい商品なんです」

「あんしんOPENガイド」も

 右利き・左利きに関わらず成功体験につながってほしいという考えから、2通りの注ぎ方をプリントすることに。

 色だけでなく、キャラクターも分けることで、文字が読めなくても使いやすいように工夫しました。

 2019年になってからは、持ち手マークだけでなく、「あんしんOPENガイド」も付けました。一気に中身が出てしまわないための切り取りガイドで、こちらも右利き用、左利き用があります。

寄せられた反響は

 買った人たちからは、「自分で注ぐことで、責任を持って食べてくれるようになった」「我が家には右利きの子も左利きの子もいるので助かる」といった声が寄せられているそうです。

 ツイッターで話題になったことについて、「多くの方に共感をいただき、ブランドの思いが伝わっていたと知れたことは大変うれしく思います」と関根さん。

 新型コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増え、家庭の食を取り巻く環境が変化するなか、今後は「家族の健康と絆」をテーマに新しい取り組みを進めるといいます。

 「保存性も高く、手軽においしく、簡単に栄養がとれる朝食なので、ぜひ毎日の朝食のバリエーションのひとつとしてお試しいただければうれしいです」(若松真平)