警部補、運転しながら缶チューハイ、ワイン 逮捕せず

光墨祥吾
[PR]

 帰宅中に酒気帯びで運転したとして、沖縄県警は9日、警備部外事課の50代男性警部補を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検し、発表した。警部補は停職6カ月の処分を受け、同日付で依願退職した。

 監察課によると、警部補は3月16日午後8時半ごろ、うるま市喜屋武の県道で、酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑いがある。パトロール中のうるま署員が不審に思い、職務質問して発覚した。

 警部補は同日午後6時半ごろに勤務を終え、帰宅中に運転しながらコンビニで買った缶チューハイやワインを飲んだなどと説明。呼気からは基準値の約3倍のアルコールが検出された。「ストレスを感じていた」と話しているという。

 逮捕しなかった理由について、監察課は「逃走と証拠隠滅の恐れがなかった」と説明している。下地忠文首席監察官は「誠に遺憾。職員の指導を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。(光墨祥吾)