他人のクレカ情報で買い物した疑い、6人逮捕 警視庁

[PR]

 他人のクレジットカード情報を使い、通販サイトで電化製品を買ったとして、警視庁は、東京都世田谷区代沢4丁目のデイトレーダー、松岡貴之容疑者(49)ら20~40代の男女6人を私電磁的記録不正作出・同供用と窃盗の疑いで逮捕し、9日発表した。いずれも容疑を認めているという。

 サイバー犯罪対策課によると、6人は共謀して2019年12月16日、別の人物から入手したクレジットカード情報を使い、通販サイトでタブレット端末1台(4万7千円)を購入した疑いがある。

 6人は東京都内や埼玉県愛知県に住んでおり、SNSで知り合った。主にネットでやり取りし、ブルーレイレコーダーやドライヤー、サプリメントの購入とリサイクルショップへの転売を繰り返したとみられるという。同課は、グループが少なくとも約2年間で約2億円を得ていたとみて調べている。

 カード情報は松岡容疑者が定期的に入手し、今年2月だけでも570件に上ることを確認したという。