重点措置下でも五輪できる? 西村担当相「答え控える」

新型コロナウイルス

南彰
[PR]

 新型コロナウイルスの対応を担う西村康稔経済再生相は9日の参院議院運営委員会で、緊急事態宣言の前段階に位置付けられる「まん延防止等重点措置」が東京都に適用されていた場合に、東京五輪パラリンピックは開催できるのかと問われ、「仮定の質問に答えるのは控えたい」と可否を明らかにしなかった。

 参院議運委で、立憲民主党塩村文夏氏の質問に対し、西村氏は最初、「(大会を)行うという前提で感染対策をしっかり講じて、安心安全の大会になるよう、私の立場でも全力を挙げていきたい」と述べ、明確に答弁しなかった。

 塩村氏が重ねて確認すると、3度目の質問で西村氏は「緊急事態宣言を発出しているとか、重点措置を適用しているとか、仮定の質問に答えるのは控えたい」と述べた。

 塩村氏は「あらゆる可能性を想定しておくことが重要だ。その答弁ができないというのは国民を不安にさせる」と指摘した。(南彰)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]