勤務中にスノボをした前署長を停職処分 警視からも降格

有料会員記事

[PR]

 勤務時間中にスキー場でスノーボードをしたなどとして、秋田県警は9日、北秋田署の前署長(現・警務部付、57)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。本人の願い出によって警視から警部に降格した。前署長は「不適切な行為だった。反省している」と述べているという。

 前署長は在任中の今年2月、北秋田市内のスキー場でスノーボードをしたほか、昨年8月には管内の温泉で署員2人と一緒に入浴していた。県警監察課は、こうした行為が職務を怠り、警察の信用を失墜させたと判断した。また、前署長の部下だった警視と警部についても、前署長に対する進言を怠ったなどの理由で本部長注意とした。

 ほかに処分対象となったのは、昨年10月の休日に管内の景勝地に公用車で私的に出かけて観光したほか、内部規律に基づく手続きをせずに無断で管轄外へ3回旅行・移動した行為。3回のうち1回は、昨年11月に当直明けの部下に運転させて車で秋田市に行き、飲酒を伴う私的会合に出席していた。会合の間、部下を待たせていたという。

 前署長は、スキー場のゴンド…

この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。