老朽原発3基の安全対策を「評価」 福井県の安全専門委

会員記事

山田健悟、小田健司
[PR]

 運転開始から40年を超える福井県内の老朽原発3基について、原子力工学の研究者らでつくる同県原子力安全専門委員会(委員長=鞍谷文保・福井大教授)は9日、安全対策を評価する内容の報告書案を大筋で了承した。

 関西電力が同県内で再稼働を目指す老朽原発は高浜1、2号機と美浜3号機。

 報告書案は3基について、非常時の電源確保策などのハード面、緊急時の対応訓練などのソフト面の両方で改善が図られた、などと評価した。委員会は近く、同県の杉本達治知事に報告する。知事は、報告書を再稼働の判断材料の一つとする考えを示している。

 福井県議会も9日、各会派の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら