鈴鹿8耐、11月に延期 新型コロナの影響収まらず

新型コロナウイルス

中根勉
[PR]

 鈴鹿サーキット三重県鈴鹿市)を運営するモビリティランドは、7月に開催を予定していたオートバイの「鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)」を11月5~7日に延期すると発表した。8月に開催を予定していた自動車の「鈴鹿10時間耐久レース」は2年連続の中止を決めた。いずれも新型コロナウイルスの影響が収まらず、感染防止や海外チームの出入国の状況などから判断したという。

 鈴鹿8耐の日程変更に伴い、地元のTSR(テクニカル・スポーツ・レーシング)が参戦するFIM世界耐久選手権シリーズは、最終戦の予定だったエストリル12時間(ポルトガル)が7月に変更され、鈴鹿がシリーズ決着の最終戦に位置づけられた。(中根勉)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]