同じ道を行き来する男性が…車を2度停めて救った若者

有料会員記事

中村瞬
[PR]

 道に迷っていた80代の男性の保護を手助けしたとして、群馬県藤岡市の大学生広瀬龍音(りゅうと)さん(19)と同県富岡市の専門学校生飯田萌乃香(ほのか)さん(20)に、県警藤岡署の大野孝行署長から感謝状が贈られた。

 2人は3月18日午後6時半ごろ、藤岡市中大塚を車で走行中、自転車で同じ道を行ったり来たりしていた男性に気付いた。不審に思った広瀬さんが男性に声をかけたが、男性が自分の名前を名乗ったため、大丈夫だと思いいったん離れた。しかしその後も男性の様子が気になって後を追うと、男性は約200メートル離れた路上で座り込み始めた。

 「大丈夫ですか。おうちわかりますか」と声をかけると、男性は「川の水があふれたから見に来た。ここは前橋だよね?」などと話したため、広瀬さんが110番通報。男性はその後、保護された。前橋市の自宅から20キロ以上の距離を自転車で走ってきたとみられる。けがはなかった。家族が男性の行方を捜していたという。

 広瀬さんは洋服店でアルバイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。