感染した子どもの名前、掲示板に掲載 学校側が操作ミス

新型コロナウイルス

井上正一郎
[PR]

 大阪府藤井寺市教育委員会は9日、新型コロナウイルスに感染した市立学校に通う子ども1人の名前などの情報が、保護者連絡用ツールの掲示板に誤って掲載されていたと発表した。登録している保護者は見ることができたという。

 市教委によると、掲示板には子どもの名前のほか、学年、組、家族の感染状況が3月26日から掲載されていた。今月2日、別の子どもの保護者から指摘があり発覚した。同ツールは登録している保護者に対し、一斉に緊急連絡をするためのものだが、この学校では教職員へ周知する目的外の使い方をしようとして、操作をミスしたという。(井上正一郎)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]