3千年前の都市の遺構、エジプトで発見 王を示す刻印も

カイロ=北川学
[PR]

 エジプトの著名な考古学者ザヒ・ハワス氏は8日、南部ルクソールのナイル川西岸で、約3400年前に造られた都市の遺構が見つかったと発表した。エジプトで発見された都市の遺構としては最も大きく、保存状態も良いという。

 ハワス氏によると、泥れんがでできた建物の壁や調理場の跡などが、砂の中から出土した。指輪などの装飾品や彩色陶器、牛とみられる動物の骨や人骨も見つかった。

 泥れんがに、古代エジプト新王国時代第18王朝のファラオ(王)、アメンホテプ3世を示す刻印があったことなどから、建設時期を特定した。

 ハワス氏が率いる調査チームは昨年9月、ツタンカーメン王の葬祭殿を見つけるため発掘に着手。代わりに都市の遺構を発見した。今後も発掘を続けるとともに、出土品の調査も行うという。(カイロ=北川学)