底引き網漁船が転覆か、夫婦2人死亡 岡山・笠岡市沖

雨宮徹
[PR]

 10日午前0時50分ごろ、岡山県笠岡市沖で底引き網漁船が転覆している、と付近にいた別の船から118番通報があった。巡視艇が付近を捜索したところ、現場付近で笠岡市北木島町の奥野恵三さん(60)、転覆した船内で妻の真実さん(58)がそれぞれ見つかり、いずれも死亡が確認された。

 水島海上保安部によると、奥野さんが底引き網漁船「優生丸」(4・99トン)を操業中、笠岡市沖の白石島の北方約500メートルで転覆したとみられる。船に目立った損傷は確認されていないといい、同保安部が事故原因などを調べている。(雨宮徹)