1年間の学び、たたえたい #コロナを生きる言葉集

新型コロナウイルス

前多健吾
[PR]

 コロナ禍で、制約の多い学生生活に耐えながらも1年間の学びを重ねた奮闘をたたえたい(矢口悦子・東洋大学学長)

#コロナを生きる言葉集

 1年前の2020年春、新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの大学が入学式を中止した。対面授業はできず、キャンパスへの立ち入りは禁止、友達をつくる機会も失われた。そんな学生たちのために、今年度の入学式と一緒に、新2年生のための式典を開催する大学が相次いだ。

 東洋大学もその一つで、今月6日、日本武道館で実施した。新2年生は計7683人。大学側は5割の出席を予想していたが、65%にあたる4978人が参加した。大半はスーツ姿で、この日のために新調した学生もいたという。

 広報課は「みなさんが待ち焦がれていたと感じました。コロナ禍で一人の時間が多かったが、会場で、同じ学年がこんないることに驚き、そして心強さを感じてくれていたようです」。

 矢口悦子学長は入学式で、1年遅れの式辞と進級の祝辞として、「可能性に満ちた学びの旅は始まっています。これからの学生生活が一層充実したものとなるように祈念しています」と述べた。(前多健吾)

     ◇

 誰もが経験したことのない日々が続いています。様々な立場、場面の言葉を集めます。明日に向かうための「#コロナを生きる言葉集」。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]