瓦や石垣崩れた熊本城 5年でどうなった?写真で比較

有料会員記事

堀越理菜、城戸康秀
[PR]

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本城熊本市)や阿蘇神社熊本県阿蘇市)の再建工事が進んでいる。災害の爪痕はなお深いが、地元を励ます復興のシンボルとなっている。

 熊本城では、瓦や石垣が崩れるなどした天守閣の復旧が3月末に完了した。再建・復元建造物である天守閣には耐震補強が施され、エレベーターの新設などバリアフリー化も図られた。内部の展示も一新され、AR(拡張現実)技術や映像を用いて天守閣の歴史や地震による被害を伝える。今月26日から内部が一般公開される。

 熊本市は城の修復において、天守閣の復旧を最優先で進めてきた。城内に13ある国の重要文化財で、これまでに復旧したのは木造塀「長塀(ながべい)」のみ。城全体の復旧完了は37年度と計画されている。

 阿蘇神社では、全壊した国重…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら