ホームセンター「サンデー」過去最高益 伸びた商品は

横山蔵利
[PR]

 青森県を中心に東北6県で107店舗を展開するホームセンター「サンデー」(本社・八戸市)は、2020年度(20年3月~21年2月)の決算を公表した。営業利益、経常利益、当期純利益がいずれも過去最高となった。新型コロナウイルス感染防止のための衛生用品に加え、日曜大工用品などの「巣ごもり需要」が売り上げを押し上げた。

 同社によると、営業利益は前期比381・6%増の18億2200万円、経常利益は同360・2%増の18億6500万円、さらに当期純利益も11億800万円と、いずれも過去最高益を記録した。売上高は、前期比5・7%増の521億円となった。

 マスクや消毒液などの衛生用品のほか、外出自粛で在宅時間が増えたことにより日曜大工用品、ガーデニング用品、アウトドア用品などの売り上げが伸びたという。また、宅配事業、補修・修繕事業などの需要も高かったと分析した。

 今後について同社は、「巣ごもり需要」はあるもののコロナ禍で先行き不透明な状況で、節約志向が続くとみている。(横山蔵利)