コシノジュンコさんによる巨大アマビエ 大阪にどーん

新型コロナウイルス

森直由
[PR]

 大阪市北区グランフロント大阪北館1階に、大阪府岸和田市出身のファッションデザイナー・コシノジュンコさんがデザインした疫病退散の妖怪アマビエの巨大バルーン(高さ5メートル)が登場した。22日まで。

 企画したアート事業会社「アーティル」(大阪市北区)によると、当初はコロナ禍の収束を願って昨年12月に大阪市内で公開する予定だったが、イベントが中止に。だが展示を求めるメールが同社に寄せられるなどしたため、今月8日から公開を始めた。通行人は足を止め、スマートフォンで写真を撮っていた。

 「通常のアマビエだと、子供たちが怖がってしまうのではないかと思ったけど、素敵なアマビエが生まれた」と同社。コシノさんは、「アマビエを見て、大阪も日本も世界中も、コロナ収束になれば素晴らしいと思います」とコメントしている。(森直由)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]