トラ首位快走 次々出てくる新人「守備の人」のはずが…

有料会員記事

内田快
[PR]

 阪神がセ・リーグ5球団との対戦を一通り終えて、11勝4敗と、開幕ダッシュに成功した。3本塁打のドラフト1位新人・佐藤輝明(近大)のパワーに注目が集まっているが、6位指名ながら評価を急上昇させている新人がいる。24歳の内野手・中野拓夢(たくむ)だ。

 11日のDeNA戦でも8番遊撃で先発し、活躍した。四回1死三塁。前進守備の内野を見て、高めの球に照準を合わせた。3球目、浮いた直球を詰まりながら左前に落とし、3点目をもたらした。

 「あいつの一番のセールスポイントは打つこと。二遊間の競争でいい刺激になっている」。矢野燿大(あきひろ)監督は満足げにうなずいた。

 入団したときは「守備の人」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら