NHK武田アナが新喜劇の小籔と新番組 春の改編狙いは

有料会員記事

土井恵里奈、尾崎希海
[PR]

 春の新番組が、在阪テレビ各局で始まっている。なかでも平日午後は関西テレビやMBSのほか、NHKでも新しい情報番組がスタート。競争が激化している。

「脱・東京一極集中」掲げるNHK

 2日夕方のNHK。ノリの良いBGMに合わせて登場したのは、ベテランの武田真一アナウンサー。隣には、吉本新喜劇などでおなじみの芸人小籔千豊が立っていた。

拡大する写真・図版「ニュース きん5時」に出演中の(左から)石橋亜紗アナウンサー、武田真一アナウンサー、小籔千豊=NHK大阪放送局提供

 この日始まった「ニュース きん5時」(金曜午後5時)は、東京から離れた視点で世の中の今を味わう新番組。脱・東京一極集中を掲げ、ローカルなニュースを掘り起こす。

 キャスターを務める武田アナウンサーは、東京から大阪へ異動してきたばかり。ニュースや「クローズアップ現代+」の顔として知られてきたが、この番組で扱うのは堅い話題にとどまらない。地域ごとの地元愛を戦わせる企画から、女性の悩みに答えるショートドラマまで。多彩なコーナーをそろえ、平日から休日に切り替わるタイミングの視聴者の気分に寄り添う。

 武田アナウンサーは「大阪に住むことを考えたことがありませんでした。流れに身を任せ、呼び寄せられて人生を転がしてみるのも悪くない……。そこから見える新しい風景を楽しみにしています」とコメントしている。

知名度を誇る「ミヤネ屋」に対抗する名物番組に成長できるか―。記事後半では、民放局の平日の新番組などを紹介します。

カンテレ、「ほっこり系」の新番組

 関西テレビも平日午後にメス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら