「自分も続けるように」ゴルフ・松山の快挙に後輩歓喜

[PR]

 男子ゴルフの松山英樹選手が男子の日本人選手として初のメジャー制覇を成し遂げたことについて、母校・東北福祉大仙台市)の関係者から喜びの声が上がった。

 ゴルフ部主将の米沢蓮さん(4年)は「後輩としてとても誇らしい気持ちでいっぱいです」と大学を通じてコメントを発表した。

 「昨年来、ゴルフ部の活動も新型コロナウイルスの影響により、公式戦が中止となるなど制限がなされています。このような苦境にある私達に、『大きな夢や目標を持ち続けるんだぞ』と鼓舞するような松山さんのプレーでした。自分もいつか松山さんに続けるように、頑張っていきたいと思います」としている。

 松山選手の在学中に指導したゴルフ部の阿部靖彦監督は、12日午前に大学で会見する予定だ。