猟犬に襲われ、女性2人大けが ハンターが害獣駆除中

奥平真也
[PR]

 滋賀県多賀町四手(しで)の南四手川付近で11日午後2時15分ごろ、山菜採りをしていた70代の女性2人が猟犬2匹に襲われた。県警彦根署によると、ハンター5人が害獣駆除に使っていた猟犬で、女性2人とも足などをかまれて大けがという。署は業務上過失傷害の疑いでハンターから事情を聴いている。

 現場は山間部で、5人は町の委託を受け、猟犬3匹で鹿やイノシシの駆除をしていた。猟犬を山林に放ち、けものが山から出てきたところを猟銃で狙っていたという。猟犬は5人のうちの1人が飼っていた。

 最初に1人が2匹に襲われ、助けに入ったもう1人もかまれたという。1人は右足など、もう1人は両腕と両足を負傷して入院中。

 ハンターの1人が119番通報した。「人をかんだのは初めて」と話しているという。(奥平真也)