(SKE48のfor you 特別編)「同期を大事にしてほしい」の思い込めた卒コン 高柳明音

有料会員記事

[PR]

 SKE48で2009年から活動してきた高柳明音(29)が10日、日本ガイシホール(名古屋市)で卒業コンサート「SKE48アリーナコンサートin 日本ガイシホール 私の兆し、皆の兆し~あかねまちゅりだ!~」を開催した。

 2020年3月に横浜アリーナで開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、1年越しの開催となった。12年間の活動の集大成となるコンサート。ファンやメンバーへ伝えたいことを込め、全力でパフォーマンスをやりきった。

 コンサートの開始前に卒業コンサートや、セットリストに込めた思いなどを語った。

――1年半越しの卒業コンサート実現。率直な気持ちは

 コンサートというものが、世の中でできなくなり、ライブができるのが当たり前じゃないと身にしみて感じました。でも、有観客ライブをあきらめるという選択肢はありませんでした。

コンサート直前にあった報道陣の囲み取材の一問一答のすべてを紹介しています。セットリスト、メンバーの構成へ込めた思い、そして、高柳明音にとってアイドルとは――。

 2年前に卒業を発表して、1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。