官房長官「基本方針に沿い機動的に対応」 大阪府再拡大

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、加藤勝信官房長官は記者会見で、12日から始まった高齢者向けの接種について「一日も早くという思いを持っておられる思う。自治体と連携を取りながら、政府としてしっかり対応していきたい」と述べた。

 接種について、加藤氏は「国民一人一人が自らの意思で決定していただくこと」との認識を改めて示したうえで、政府として「科学的知見に基づいて正確な情報発信することや、希望する人が接種できる機会をつくっていくことが大事だ」と強調。自らの接種については「接種券が私のところに来ていないが、来れば適切に対応していきたい」とした。

 また、感染が再拡大している大阪府への緊急事態宣言の再発令の可能性については「基本的対処方針に沿って機動的に対応してく」と述べるにとどめた。