「ぶっ刺すぞ」「殴るよ」教師に断たれた看護師の夢

会員記事

阿部浩明
[PR]

 学生や保護者が教師によるパワーハラスメントを訴えている北海道江差町の北海道立江差高等看護学院で、看護師を夢見て入学した男子学生(19)が、今年3月、入学後わずか1年で退学を余儀なくされた。

 男性は「新型コロナの感染者を助けたい」との思いで入学した。しかし、教師らの理不尽な言動に心がきつくなったという。

 男性は北海道南部の北斗市に住んでいる。看護師を目指すようになったのは中学2年のときだ。持病の治療で2カ月間入院した大学病院で、担当になった看護師がとても親身に世話をしてくれた。病人を救う医療現場に憧れ、看護師になると心に決めた。

 高校では野球部に入部した。レギュラーにも選ばれ、部活に打ち込んでいるうち看護師のことは忘れていたが、再度の入院を機に自分の「原点」を思い出した。

 受験勉強を頑張っていた頃、国内でもコロナ患者が増え始め、看護師不足が浮き彫りになった。

 「持病を抱え、もし感染した…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら