「解決金」渡すことを検討 小室圭さんの代理人弁護士

杉浦達朗

 秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さんの代理人弁護士が12日、朝日新聞などの取材に応じた。小室さんの母・佳代さんと元婚約者男性との金銭トラブルをめぐり、小室さんが「解決金」を渡すことを検討していると明かした。

 小室さんは8日、金銭トラブルの経緯や、男性とのやりとりなどをまとめた文書を公表した。弁護士によると、小室さんは、話し合いで解決しようとしたことを文書の中で伝えられたと判断。現在は交渉が途絶えていることもあり、「解決金」を渡すことで、次の段階に進むことを選んだという。

 佳代さんと男性は2010~12年に婚約関係にあり、その間、生活費などとして、男性から小室さん側に400万円以上提供された。「解決金」はこの金額が想定されているという。

 金銭をめぐっては、「借金」だったのか「金銭の支援」だったのか、という点で認識が食い違っていた。(杉浦達朗)