桐生祥秀と入江陵介が語る 100Mを戦う体と脳と感覚

構成・堀川貴弘、木村健一
【本編動画】桐生祥秀vs入江陵介、100M対談
[PR]

 陸上、競泳の100メートル種目は、わずかな時間に技術や駆け引きが詰まっている。競泳男子100メートル背泳ぎの東京五輪代表・入江陵介(31)=イトマン東進=と、陸上男子100メートルで日本選手初の9秒台をマークした桐生祥秀(25)=日本生命=が「100メートル」への思いを語り合った。東京オリンピック(五輪)の開幕まで14日であと100日。

 桐生 入江さん、五輪代表決定おめでとうございます。早々と決まってうらやましいです。陸上の代表が決まるのは五輪の1カ月前なんで。

 入江 ありがとうございます。一発勝負の舞台だから、本当に緊張感があった。今は、ほっとしています。

 ――陸上、競泳、それぞれの100メートル種目で感じている魅力とは。

 桐生 自分の成長とか、練習の成果とかをタイムで知ることができるところ、ですね。

 入江 そうですね。見ている人にもわかりやすい。背泳ぎだと100メートルは個人種目としてだけでなく、メドレーリレーにも関わってくる非常に重要な種目だと感じています。

 スタートは静寂に包まれるのでかなり緊張しますね。競泳の場合、フライングってほとんどないんですけれど、陸上って多いイメージがある。何で?

 桐生 多いですね。ピストルが鳴って0秒1未満で反応するとフライングになるんですよ。スターティングブロックのセンサーで判定されます。ピストルを撃つタイミングって、スターターによって違いますよね。

 入江 競泳は同じ種目でも男女でスターターが交代します。間がめっちゃ長い人がいる。そういう癖を見ますね。

 ――レース中はどんなことを考えているのか。

 桐生 大まかに言うと、スタートからどこで顔を上げて、どこでトップスピードになって、それをどれくらい維持できるかを考えています。9秒98の日本記録を出した時もあっという間なんですけれど、時間の流れは認識しています。去年の日本選手権のように100分の1秒でも、勝ったかどうかは分かります。

 入江 僕は背泳ぎなので電光掲示板のタイムが見えるんです。50メートルでターンしたときは何秒だったか確認します。前半が思い切り速い選手もいるし、後半型の選手もいます。

 100メートルってどれくらいの歩数で走るの?

8分間の本編動画は記事後半に

桐生がまた9秒台を出すために目指す歩数は。入江が子どもたちに伝えたいメッセージとは。本編動画では、100Mを突き詰めるトップアスリートにしか語れない深いやりとりをご覧いただけます。

 桐生 僕は47歩とか47歩半ですね。今のピッチで46歩で走り切れれば9秒台が出ます。逆に48歩になると、10秒0台後半とか10秒1台になっちゃいますね。

 入江 僕は50メートルで30かき、32かきぐらいでターンして、最後はスピードを上げる。そういうところを試合中のデータや映像で確認し、自分の調子を把握しています。レース直後に泳ぎの分析結果や水中映像が送られてくるんです。

 桐生 それはめちゃくちゃいいですね。僕らはコーチに映像を撮ってもらうんです。レース中のスピードの変化といったデータはずいぶん時間が経ってから提供されます。

 ――自分の感覚とタイムは一致するもの?

 入江 そこがずれると不安になったり、プレッシャーになったりします。

 桐生 僕もそこを一番気をつけていますね。原因を考えてプチパニックになることも。0秒3くらいの大きいずれだとさすがに原因は分かりますが、0秒1とかになると、どこをミスったのか考えますね。

 入江 水泳は前半型、後半型があるけれど、陸上の10秒くらいだと全力でもつんじゃない?

 桐生 もたないんですよ。全速力だと6、7秒しか無理らしい。(世界記録保持者の)ウサイン・ボルト(ジャマイカ)でも後半のスピードは落ちているんで。心理戦もあります。この選手は前半型だから中盤には抜けるな、とか。

 入江 そんな物語があるんですね。僕は後半に強いタイプですけど、腕の回転を上げれば速くなるものでもなくて、しっかりかいた方が意外と速いことも。

 桐生 僕も最後の20メートルでストライドが大きすぎて回転数が落ちて遅くなる。ラストはピッチを維持することだけを考えています。

 僕は日本選手で最初に9秒台を出しました。まあ、記録は破られるものですし、僕もまた、サニブラウン・ハキーム選手の持つ日本記録(9秒97)を破りたいと思っています。レースでは記録もありますが、どれだけ圧倒的に勝てるかとか、どれだけ目立つか、という思いがあります。

 入江 結構、目立ちたいタイプなんですね。

 桐生 目立ちたくないですか?

 入江 僕はそこそこで。自分が持つ100メートル(52秒24)と200メートル(1分52秒51)の日本記録は高速水着時代のもの。何とか、今の自分が更新したい。もっと若手が出てきて欲しいという思いもあります。僕がずっと勝ち続けていること自体、やっぱりおかしいことなので。

 ――いろんな種目から100メートルを選んだ理由は。

 桐生 やっぱり、一番目立つ種目だったんで。学校の運動会では一番で、そのまま。(2007年に当時の世界記録を出した)アサファ・パウエル(ジャマイカ)とかをテレビで見ていて、陸上をやるんだったら100メートルだと。成績もついてきたので、ずっと続けています。

 入江 僕にあこがれの選手はいなかった。五輪も、自分には関係ない世界だと思っていました。そんな僕が、東京大会で4回目の五輪出場になります。いろんな競技の選手が集まり、世界中の人たちが見るイベントって五輪しかない。やっぱり唯一無二の舞台です。

 桐生 僕にとっても五輪は特別ですね。五輪の陸上って、普段は陸上に関心のない人も見るんですよ。そんな舞台で結果を残すとその後の人生が変わりますよね。リオデジャネイロ五輪では400メートルリレーで銀メダルを取りましたが、やっぱり個人種目で取りたい。

 ――東京五輪の目標を。

 入江 ロンドン五輪でメダルを取れましたが、もう一度表彰台に立ちたい。それに、やっぱり五輪をやってよかったねと、みんなが思ってくれるような盛り上がりにしたい。最近、小学生のなりたい夢の1位はユーチューバーだったりするじゃないですか。もう一度スポーツ選手になりたいと思ってもらえるような夏にしたい。

 桐生 僕はまだ代表に決まっていないので、しっかり選考会で勝って五輪に臨みたいですね。リオ五輪は出場できたことにどこか満足している部分があった。いろんな経験を積んで、今回は勝負する気持ちです。

 ――お互いに聞きたいことがあれば。

 桐生 水泳って大きい大会だと世界記録級のタイムがめっちゃ出るじゃないですか。練習なのか、気持ちなのか、何が要因ですか。

 入江 水泳は水の抵抗を受けないような努力をすればするほどタイムは上がってくる競技なので陸上より記録が伸びやすいのかな。年齢によってトレーニング方法を変えることももちろんあります。僕からは最近、マラソンが厚底で記録が伸びたけれど、短距離もこれを履けば、というのがあるのかな。

 桐生 僕は今、アシックスのピンなしスパイクを履いています。地面からの反発を少しでも早くもらいたいというのがあって。でも、合う人、合わない人がいるし、結局練習なのかな。

 桐生 自分、まったく泳げないんです。この前、ジムのプールで平泳ぎだと15メートルくらい、クロールは泳ぎ方が分からないので10メートルちょっとでした。

 入江 僕は引退したら、ホノルル・マラソンに出るという夢があって。

 桐生 そこは長距離なんですね。短距離ではなく。

 入江 短距離はめちゃくちゃ苦手。走ると、何か笑っちゃうんですよ。(構成・堀川貴弘、木村健一)

     ◇

 きりゅう・よしひで 1995年生まれ、滋賀県出身。京都・洛南高3年だった2013年に100メートルで当時日本歴代2位の10秒01をマーク。同年の世界選手権に出場した。東洋大に進み、16年リオデジャネイロ五輪は100メートルで予選落ちしたが、400メートルリレーの3走をつとめて銀メダルを獲得。17年の日本学生対校選手権で日本選手初の9秒台となる9秒98を記録。20年の日本選手権では6年ぶり2度目の優勝を果たした。

 いりえ・りょうすけ 1990年生まれ、大阪市出身。0歳で水泳を始め、中学で自由形から背泳ぎに転向。大阪・近大付高から近大へ。2012年ロンドン五輪の200メートル背泳ぎとメドレーリレーで銀メダル、100メートル背泳ぎで銅メダル。五輪は08年北京大会から3大会連続で出場し、今夏の東京大会の出場も決定。競泳日本勢の4大会連続五輪出場は北島康介松田丈志に続く3人目。背泳ぎの100メートルと200メートルの日本記録保持者。