沖縄最高の聖地から消えた香炉戻る 窃盗容疑で書類送検

国吉美香
[PR]

 沖縄最高の聖地とされ、世界遺産でもある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」(沖縄県南城市)でなくなった香炉が、破損もなく無事に戻ってきたことがわかった。香炉を持ち出した自営業の男(42)=沖縄県沖縄市=が「報道で良心がとがめた」と県警に持参してきた。県警は12日、この男を窃盗容疑で那覇区検に書類送検し、発表した。

 県警によると、男は3月13日午前9時~午後6時の開館時間内に、香炉1基を盗んだ疑いがある。香炉がなくなったことが報道された4月6日夜、与那原署に出頭した。調べに「香炉を移すようにという声が聞こえた」などと話しているという。

 管理する南城市教育委員会の担当者は「ほっとした。今後は見回りなどを強化していく」と話した。(国吉美香)