イラン核施設が停電「テロ攻撃だ」 イスラエルが関与か

会員記事

テヘラン=飯島健太、エルサレム=清宮涼
[PR]

 イラン原子力庁は11日、中部ナタンズの核関連施設が「外部からの攻撃を受けた」と発表した。配電設備に不具合が生じて停電したという。イランと敵対するイスラエルのメディアは自国の情報機関モサドの関与を指摘した。イランをめぐっては、米国による制裁解除に向けて協議が続いており、影響が懸念される。

 ナタンズの核関連施設は、核兵器の原料になるウランを濃縮する遠心分離機が多く設置された重要施設で、停電は11日午前に発生した。10日に、従来より高性能な遠心分離機「IR6」型の稼働を始め、濃縮ウランの製造を加速させたばかりだった。

 米紙ニューヨーク・タイムズは情報当局者の話として、停電は爆発が原因で、地下にある遠心分離機に送電するシステムが破壊されたと伝えた。濃縮ウランの製造過程に大きな被害が出たとし、再開まで最短でも9カ月を要するという。

 イスラエルの公共ラジオは匿名の情報機関関係者の話として、停電はモサドが関わったサイバー攻撃で、「損害は報道されているより大きい」と伝えた。

 イランのザリフ外相は12日、安全保障をめぐる国会の会合でイスラエルを指して「シオニストは、米国の制裁解除という成功に近づくイランに対し、復讐(ふくしゅう)したいのだ」と述べた。

 イラン原子力庁のサレヒ長官は11日、「核へのテロ攻撃だ」と強く非難。「実行犯への法的措置を取る」と述べる一方、国際原子力機関(IAEA)など国際社会による対応を求めた。

 念頭には、核合意の履行復帰…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら