接種日と翌日、予定入れず静養を 2回目後に多い副反応

有料会員記事新型コロナウイルス

野口憲太、田村建二
[PR]

 ワクチン接種を受けることで、どれくらいの効果が見込めるのか。安全性はどうか。とりわけ高齢者は、どんなことに注意したらいいのか。

 新型コロナにかかると重症になりやすい高齢者にとって、ワクチンで予防する利点は大きい。

 いま国内で承認されているのは、ファイザー社のワクチンだ。同社が発表した臨床試験(治験)の中間報告によると、2回目の接種から1週間後~半年後について、新型コロナの発症を防ぐ効果が91%、重症化を防ぐ効果が95~100%だった。年齢や性別、人種などが違っても、有効性はおおむね同等だったという。

 一方、副反応が疑われる接種後の症状は2回目の後に出ることが多いようだ。国内で2月から接種を受けた医療従事者のうち約2万人を対象とした報告では、37・5度以上の発熱は1回目3%に対し、2回目38%。接種の翌日が最も多く、2回目の後の発熱の半数あまりは38度以上の高熱だった。倦怠(けんたい)感(だるさ)や頭痛も2回目のほうが多い。

 ただし、高齢者はいまのところ、症状が発生する頻度が低い。65歳以上(479人)では、2回目の後の発熱は9%。全年齢を通して倦怠感は69%、頭痛は54%にみられたのに対し、65歳以上ではそれぞれ38%、20%だった。

 重いアレルギー反応の「アナフィラキシー」だと国際的な基準で判断された症例は、4日までに79件(接種100万回あたり72件の頻度)。報告は30~40代の女性に多く、60歳以上で3件。65歳以上からの報告はなかった。

高齢者の副反応、発生頻度は低めでも

 ただ頻度は低いとはいえ、体…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]