全漁連会長が抗議声明「漁業者の思いを踏みにじる」

[PR]

 全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長は、政府が処理水の放出を決めたことに対し「極めて遺憾であり、到底容認できるものではない」と抗議する声明を出した。

 声明では「今後とも、海洋放出反対の立場はいささかも変わるものではない」と従来の考えを強調した。政府が「関係者の理解なしにはいかなる処分も行わない」としていた立場を覆したとして、「福島県のみならず全国の漁業者の思いを踏みにじる行為だ」と非難した。

 その上で、海洋放出を決定した理由や風評被害への対応、処理水の安全性をどう担保するかなどを説明するように求めた。子や孫の代まで漁業を続けられるための方策も必要だとした。タンクの増設、新たな処理・保管方法も検討するよう訴えている。

 岸会長は7日、福島などの県漁連会長らと共に菅義偉首相と面会し、放出への反対を訴えていた。