アンダーコントロールと「まったく矛盾ない」 菅首相

[PR]

 菅義偉首相は13日、東京電力福島第一原発のタンクにたまる処理水の放出を決定したことを受けて、首相官邸で記者団の取材に応じ、「風評被害により、地元の皆様の復興への希望が失われることがあってはならない」と述べた。

 安倍晋三前首相は、2013年の東京五輪パラリンピックの招致演説で、福島第一原発の汚染水状況について「アンダーコントロール(管理下にある)」と強調した。海洋放出の決定は「アンダーコントロール」と矛盾しないかを問われた菅首相は、「トリチウムの規制基準は認められている中の40分の1(まで薄めるもの)なので、そういう意味ではIAEA(国際原子力機関)においても評価してもらっている。まったく矛盾は生じない」と述べた。