西武園ゆうえんち「昭和」で刷新 ゴジラやアトムも登場

木村聡史
[PR]

 西武園ゆうえんち埼玉県所沢市)は13日、準備を進めていたリニューアルオープンを5月19日にすると発表した。1960年代の日本をイメージした「昭和レトロ」の街並みを再現するほか、大怪獣「ゴジラ」をテーマにした乗り物のアトラクションも登場する。

 このアトラクションは「ゴジラ・ザ・ライド」。特殊装甲車をモチーフにした乗り物に乗り込み、ゴジラやキングギドラの激闘を間近で体験できるという。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ監督の山崎貴さんらが手がけた。ゴジラがテーマの常設の乗り物アトラクションは世界初という。

 新設するファミリー向けエリアには、漫画家・手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」と「ジャングル大帝」のキャラクターが登場。ジェットコースター「アトムの月面旅行」や回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」なども楽しめる。

 1950年にオープンした西武園は、88年度には入場者がピークの約194万人にのぼったが、施設の老朽化などの影響で、最近は50万人を切るなど低迷。2019年度の入場者は38万人だった。

 リニューアルには、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪)の再建に尽力した森岡毅氏率いるマーケティング会社「刀」が全面的に協力。人情味あふれる昭和の世界観を忠実に再現するというコンセプトのもと、3年以上かけて準備を進めていた。

 西武グループの遊園地では、東京都練馬区としまえんが昨年8月末で閉園した。西武は埼玉・所沢エリアの活性化に注力しており、西武園ゆうえんちのリニューアルをその起爆剤ととらえている。(木村聡史)