吉村知事、原発の処理水の大阪湾放出を「真摯に検討」

[PR]

 政府が福島第一原発の処理水を海洋放出する方針を正式に決めたことを受け、大阪府吉村洋文知事は13日、大阪湾での放出についても「政府から正式に要請があれば、真摯(しんし)に検討していきたい」と話した。

 吉村知事は「風評被害を何とか抑えることが極めて重要。福島だけに押しつけるのはあってはならない。処理水はきちんと処理をして日本の安全基準も世界の基準も満たす」と指摘。「大阪湾東京電力の管内ではないが、日本全国で考えるべき問題だ」と強調した。