• アピタル

埼玉、まん延防止の適用検討 知事「感染拡大を勘案」

新型コロナウイルス

[PR]

 埼玉県の大野元裕知事は13日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」について、適用を政府に要請することを検討する考えを表明した。13日夜、県庁で開いた県の専門家会議に方針を諮り、了承された。

 会議後に会見した大野氏は「変異株がこの数週間で急に拡大してきているので、まん延防止等重点措置を検討せざるを得ない」と述べた。要請時期などについては「一任された」と語った。今後の感染状況を踏まえ、要請する時期を判断する。適用期間や対象地域については検討中としている。

 専門家会議の冒頭、大野知事は「変異株(変異ウイルス)が大阪を始めとする日本の各地で猛威をふるっており、感染拡大に大きな役割を果たしていると指摘されている。我々としても近いうちにこれ以上に感染が拡大することを勘案した」と述べた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]