黒川元検事長、罰金20万円を納付 賭けマージャン

[PR]

 新聞記者らと賭けマージャンをしたとして単純賭博罪に問われ、罰金20万円の略式命令を受けた黒川弘務・元東京高検検事長(64)が13日までに罰金を納付したことが関係者への取材で分かった。東京地検は当初、不起訴(起訴猶予)処分としたが、昨年12月の検察審査会の「起訴相当」議決を受けて3月に略式起訴した。罰金納付により、公開の正式裁判は開かれずに刑事手続きは終了した。