J1鹿島がザーゴ監督を解任 後任はOBの相馬コーチ

[PR]

 サッカーJ1の鹿島アントラーズは14日、ザーゴ監督(51)を成績不振で解任し、相馬直樹コーチ(49)が新監督に就任すると発表した。今季は優勝候補の一角と目されていたが、リーグ戦ではここまで2勝4敗2分けで20クラブ中15位と低迷していた。今季のJ1で監督が交代するのは横浜FCに続いて2例目。

 ザーゴ監督は就任2年目。昨季はクラブ史上初となる開幕4連敗を喫したものの、8月以降に7連勝を飾るなど盛り返し、5位でシーズンを終えた。

 だが、今季は開幕戦で清水エスパルスに逆転負け。今月11日の北海道コンサドーレ札幌戦も2―0から追いつかれて2―2で終わるなど、試合運びのつたなさが目についていた。

 後任の相馬新監督は、元日本代表DFでクラブのOB。2011年から12年途中までJ1川崎フロンターレの監督を務め、14~19年はJ2・FC町田ゼルビアで指揮していた。20年に古巣に戻り、コーチを務めていた。