排泄物堆積のなか犬を飼育容疑 ワニや蛇など計58匹

会員記事

大山稜
[PR]

 劣悪な環境で犬を飼育したとして、警視庁東京都大田区南蒲田2丁目の職業不詳、桑添亜紀容疑者(46)を動物愛護法違反(虐待)容疑で逮捕し、14日発表した。「虐待に当たるとは思っていなかった」と話しているという。

 蒲田署によると、逮捕容疑は12日午前、動物の排泄(はいせつ)物が堆積(たいせき)した自宅の室内で犬5匹を飼育したというもの。犬は餌を与えられていたが、栄養失調の状態だった。現場にはネズミの死骸も落ちていたという。

 桑添容疑者宅は戸建てで、犬7匹と猫2匹のほか、ウサギ16匹、ワニや蛇、大トカゲ、イグアナ、フクロウなど24種類の動物計58匹を飼育。室内には動物の排泄物がたまり、近所から悪臭の苦情が相次いでいたという。

「コロナで旅行に行けなくなり…」

 桑添容疑者は署に対し、3年…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら