三重の養豚場で豚熱の疑い ワクチン摂取前の8頭死亡

大滝哲彰
[PR]

 三重県は14日、津市内の養豚場で飼われていた豚で豚熱(CSF)の感染が確認されたと発表した。この養豚場で飼育されている約1万頭の豚を殺処分する。

 県によると、13日に養豚場から県中央家畜保健衛生所に、同じ豚舎で飼育されていたワクチン接種前の子豚8頭が死んだと報告された。8頭のうち4頭がいずれも陽性だった。このほか、生存している子豚3頭からも陽性が確認された。

 この養豚場の10キロ圏内では、昨年以降、野生イノシシの感染が断続的に確認されていた。県は、小動物などを通じて感染が広がったとみている。

 県内では、昨年12月に伊賀市内の養豚場で豚熱が確認され、県がワクチン接種などの感染対策を進めていた。(大滝哲彰)