GoTo「ワクチン接種者を対象に」 星野リゾート代表

初見翔
[PR]

 星野リゾート(長野県)の星野佳路代表は14日、政府の観光支援策「Go To トラベル」事業の再開時は、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人に対象を絞るべきだとの考えを示した。トラベル事業を「シンプルで継続できる」ことが大切だとして、補助率の引き下げも含めた5項目の提言をまとめた。

 提言は同日開いた報道陣向けのオンライン説明会で明かした。星野氏は日本でのワクチン接種率が低いことに触れ、「接種を促進するためにも大切。なにより現場のスタッフが安心してお客様を迎え入れることにつながる」と説明。感染拡大につながるとの批判を避ける狙いもあるという。

 停止前は35%だった旅行代金の補助率については「税金を使う経済対策としては多すぎる可能性がある」として、20%に下げることを提案。旅行代金の15%分だったクーポン券は1泊につき1人2千円の一律にすることが望ましいとした。

 補助率を下げることによって、「Go To トラベル」が終わった後の旅行需要の冷え込みも緩和できると主張。一方で段階的な補助率の引き下げといった緩和策は不要との考えを示した。5項目の提言にはその他、3日以上の連休は対象外とすることや、土日と平日で補助に差をつけないことを盛り込んだ。

 トラベル事業は昨年末に全国停止して以降、再開の見通しは立っていない。政府はワクチン接種の有無を国内移動の条件にすることには否定的な姿勢を示している。(初見翔)