楽天・田中将大、国内復帰後初登板は17日 監督が明言

[PR]

 大リーグヤンキースから、古巣のプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスに8年ぶりに戻った田中将大投手(32)の日本球界復帰後初の公式戦登板は、17日の北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)になることが決まった。楽天の石井一久監督が14日の試合前に明言した。

 田中投手は3月27日の開幕2戦目(日本ハム戦)に登板する予定だったが、同25日に仙台市内の病院で右ふくらはぎ筋損傷と診断されたため、登板を回避。実戦復帰まで約3週間かかる見込みとされていた。その後、首脳陣らは田中投手の右足の状態を見極めながら、慎重に国内復帰登板のタイミングを探っていた。