人の心に訴えるのは甘くない #コロナを生きる言葉集

新型コロナウイルス

杢田光
[PR]

 コロナ禍のなかで人の心に訴えて、こちらに引き寄せるのは甘いことじゃない。(歌手の布施明さん)

#コロナを生きる言葉集

 2020年にデビュー55周年を迎えた布施さん。「曲がり角でもないし、すーっと通りすぎるもの」と思っていたが、実際には公演中止や延期の相次ぐ異例の1年になった。

 「先輩から昔言われたことですが、『3日歌わないと3週間は元に戻らないぞ』と。歌手は肉体労働。いちど筋肉がゆるんでしまうと大変」という言葉を、実感する時間でもあった。

 「声帯を維持するためにどうすればいいのか」。その危機感から、いま発声の仕組みを学び直している。

 55周年記念ツアーは昨秋、大阪から始動した。マスクの並ぶ客席に歌いかけるのは、かつてない経験。「人の心に訴えて、こちらに引き寄せるのは甘いことじゃない。歌うってこんなに大変なことなのか」と身にしみた。「『歌う』ことは『訴える』こと」と自らに言い聞かせ、ステージに立つ。(杢田光)

     ◇

 誰もが経験したことのない日々が続いています。様々な立場、場面の言葉を集めます。明日に向かうための「#コロナを生きる言葉集」。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]