トイレ紙「50M×12個」の歴史に終止符 日本製紙

有料会員記事

江口英佑
[PR]

 日本製紙は4月から、トイレットペーパーの主力だった1個約50メートル(紙が二重のダブルは半分)の生産を打ち切り、長さが1・5~3倍の「長巻き」に集約した。50メートル製品の廃止は大手メーカーでは初。包装サイズが小さくそろうため、コストや二酸化炭素の排出量を減らせるという。

 日本製紙のブランド「クリネックス」「スコッティ」の主力は通常巻きと呼ばれる「1個50メートル×12個入り」だった。これを「75メートル×8個」「100メートル×6個」に切り替えれば、長さの合計は同じ600メートルでも1パックのサイズが縮む。

 売り場や在庫のスペースを節約でき、包装や芯などのゴミも減る。近年急増中のネット通販の配送負担も軽くなる。試算では、長さ3倍の製品なら、輸送時の二酸化炭素排出量を従来より40%減らせるという。

 日本製紙によると通常巻き1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら