釧路の底力示すバナナジュース 1杯1600円のお味は

有料会員記事

武沢昌英
[PR]

 北海道釧路市大川町の喫茶「ブロス」のオーナー木嶋秀康さん(59)が、釧路産の「946BANANA」(クシロバナナ)を使ったバナナジュースを考案、店で提供している。北海道弁で「とても」という副詞をつけた「NAMARA BANAJU」(ナマラ バナジュー)と命名された特製ジュースはバナナだけでなく、ブレンドする牛乳とハチミツも釧路管内で生産された高品質の材料にこだわった。1杯1600円とお値段も特別だ。

 946BANANAは、釧路市の「946FARMS」が市内の農場温室で生産している。特殊な技術で作られた国産の苗を化学肥料や農薬は使わずに育てる。1本1080円で、オンラインのほか、釧路や札幌市内の一部のスーパーやデパートなどで購入できる。

 釧路市で生まれ育った木嶋さんは「釧路でバナナ?」と不思議に思ったが、昨年暮れに市内で先行販売されたバナナを購入。「味が濃くてとろみも強い。こんなうまいバナナは食べたことなかった」

 店のドリンクメニューには…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら