コンテナ船、差し押さえ スエズ当局「賠償終わるまで」

有料会員記事

北川学=カイロ、森田岳穂
[PR]

 エジプト東部のスエズ運河で大型コンテナ船が座礁した事故で、スエズ運河庁のラビア長官は13日、コンテナ船を差し押さえたと明らかにした。「9億ドル(約980億円)の損害賠償が終わるまで留め置く」としている。政府系紙アハラムなどが伝えた。

 差し押さえは、運河庁の本部がある東部イスマイリアの裁判所が命じたという。ラビア氏は3月末、運河の閉鎖に伴う通航料収入の損失や離礁作業でかかった費用など、損害額が10億ドル(約1100億円)に達するとの見通しを述べていた。

 船を所有する正栄汽船によると、7日に運河庁から9億1600万ドル(約998億円)の請求を受け取った。だが、「詳細な根拠が示されていない」として、保険事業者が算出した損害額を元に交渉。運河庁側に減額を求めているが、14日時点では折り合えていないという。同社幹部は「経験からして破格の請求額。話にならないような状況だ」と困惑している。

 同社の「船主責任保険」を担…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら