(スポーツ雑記帳)5連敗 見失った「戻れる場所」

会員記事

スポーツライター 柚野真也
[PR]

 名古屋に0―3で敗れ、5連敗。大分トリニータの片野坂知宏監督は、試合後の会見でこう話した。「力の差がスコアを表している。90分を通して選手はチャレンジしてくれた。この結果になったのは私の責任で、勝てていないのも私の責任だと痛感している」。言葉の一つひとつに悲壮感が漂い、好転しないチーム状況が伝わる。

 昨季も5連敗したことがあった。取材ノートを振り返ると、ある選手のコメントが残っていた。「僕たちにはいいときのサッカーがある。戻れる場所がある。もちろんそこに固執するだけでなく自分たちが考えて表現しなければいけないが、ブレずに続けることが大事だと思う」

 戻れる場所とは、片野坂監督がJ3から積み上げてきたサッカーだ。GKを組み込み、後方から攻撃を構築し、そこからボランチ、サイドを経由してゴールに迫る不変のスタイル。このサッカーの素晴らしいところは、急がず、慌てず、どんな位置からでも攻撃をスタートできるところにある。つまり、自陣のゴール前でしっかりブロックを作り、マイボールにさえなればゴールまでボールを運べる。前線から懸命にボールを追わずとも帰陣してスペースを消せばいい。もちろん絶妙な位置取りと多くの動き直し、選手の共通意識で成り立つものではある。

 それが今季はできない。なぜ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら