琵琶湖の「厄介者」がコラボ 高級革小物の受注販売へ

会員記事

鈴木洋和
[PR]

 生態系に悪影響を及ぼす外来魚のブラックバスと、大量に繁茂して漁船の航行などを妨げる水草。そんな琵琶湖の「厄介者」がコラボした革小物が誕生した。29日から受注販売する。中心価格帯は2万~5万円と値は張るが、バス釣り愛好者らに注目されている。

 受注販売が始まるのは、財布(3万5200~5万2800円)やキーケース(3万3千円)、コインケース(2万6400円)など。いずれも、琵琶湖に生息するブラックバスの皮を丹念になめし、水草を使った染料で仕上げている。

 馬の革製品を手がけるコード…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら