中日・高橋宏斗の覚悟と感謝 全てぶつけた甲子園の一戦

構成・山田佳毅
[PR]

 コロナ禍で中止となった昨年の第102回全国高校野球選手権大会。涙をのんだ昨年の高校3年生世代から、現役選手たちへのエールを伝えます。

中日・高橋宏斗投手(中京大中京出身)

 選抜大会も、選手権大会も、家で中止を知りました。仲間と本気で日本一をめざしていたので、悔しい思いはあったけど、覚悟していた部分もある。日々のニュースで、難しいということは分かっていたので。

 夏に甲子園交流試合の開催が決まった時は、感謝の思いだけだった。1試合、でもやることに意味がある。相手は智弁学園、これ以上ない相手。高校生活のすべてをぶつけようと思った。甲子園という舞台のおかげでアドレナリンが出て、思った以上の力が出た。満足できる内容ではないけど、とてもよかった。

 生活や練習で制約はあったが、成長できた1年でした。全体練習はない。個人練習のメニューは自分で考えないといけない。みんなが自分の頭で考えたからこそ、チームがまとまったし、個々のレベルも上がったと思う。

 毎日、野球をし、電車で帰る。そんな生活はもう当たり前ではなくなった。当たり前という感覚を捨て、感謝の気持ちを持って取り組んで欲しい。甲子園は多くの人に夢や希望や勇気をくれる。甲子園に出たら、全力でプレーしてほしい。

 今の高校生たちに、そのことを伝えたいです。(構成・山田佳毅)

     ◇

 たかはし・ひろと 愛知県出身。愛知・中京大中京高2年秋、エースとして明治神宮大会で優勝。翌春の選抜大会、夏の選手権大会はコロナ禍で中止になり、出場できず。20年秋のドラフト1位で中日入団。右投げ右打ち。185センチ、85キロ。