東電社長、原発事故のおわび棒読み 繰り返す抽象的答弁

有料会員記事

高橋俊成、長橋亮文
[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発での不正入室やテロ対策の不備など一連の問題を受け、新潟県議会は14日、東電の小早川智明社長ら経営幹部を参考人招致した。与野党から根本的な原因や事案の詳細について質問が相次いだが、一般論や抽象的な答弁が繰り返された。

 「福島の事故の反省と教訓に立ち返る」「原因究明を徹底する」「私が先頭に立って原発を立て直す」

 安全対策の不備や問題意識の低さなどを指摘する質問に対し、東電の小早川社長は何度も繰り返した。用意された文章を見て福島第一原発事故のおわびを棒読みすることがあった。

 小早川社長は委員会冒頭、工事未完了問題や不正入室問題など、一連の不祥事の経緯を資料に沿って改めて説明。再発防止策として、核物質防護事案について新設する専門部会による第三者評価を実施することや、防護業務全般の見直しをすることなどを示した。

 最初に質疑に立った小林一大県議(自民)は「なぜ自律的に改善できなかったのか。遺憾だ」と批判。小早川社長は「不安、不信を抱かせ、深くおわびする」と謝罪し「福島第一原発の事故を二度と起こさないよう改革に取り組んできたが、痛恨の極み。何が不足していたのか、何が劣化したのか徹底的に調査する」と述べた。

 池田千賀子県議(未来にいがた)は、テロ対策設備の機能喪失中に不正侵入は無かったと東電が結論づけた根拠や、過去の機能喪失の有無を質問。「防護規定が順守されていない状態で(原子力規制委員会に)認可された。認可を取り下げるくらいの判断があっても良かったのではないか」とも指摘した。小早川社長は「適格性は今後の(規制委の)審査で判断される」と返すにとどまった。

 また、重川隆広県議(リベラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら