松山英樹「感謝は忘れていない」 東北への思い語る

福岡龍一郎
[PR]

 男子ゴルフのメジャー制覇を果たした松山英樹選手が14日、オンラインで記者会見を開き、「(東北の皆さんへの)感謝は忘れていない」と大学生活を過ごした東北地方への思いを語った。

 マスターズ優勝者に贈られる「グリーンジャケット」を着て会見に臨んだ。震災直後の2011年4月、東北福祉大2年のときにメジャーに初出場した当時を振り返り、「震災で大変なときに、東北の皆さんが送り出してくれた。その感謝の思いは忘れていないです」と話した。

 その上で、「10年が早いのか遅いのか分からないですが、こうやってグリーンジャケットをきて会見ができるというのは、僕自身もうれしい。いい報告ができたんじゃないかな」と笑顔を見せた。

 宮城県内で過ごした大学生活を「成長できた4年間」としつつ、「これから先、その4年間以上に頑張りたいなという思いが今はあります」と語った。(福岡龍一郎)