白い封筒、残して消えた男性 中に現金100万円と手紙

西見誠一
[PR]

 14日朝、兵庫県芦屋市役所を年配の男性がふらりと訪ねて、市長室の窓口で「市長に手紙を書いてきました」と白い封筒を職員に手渡した。そして名乗ることもなく立ち去った。

 職員が封筒をあらためると、現金100万円とともに「芦屋市内のヤングケアラーへの支援に活用していただければ」という内容の手紙が入っていた。ヤングケアラーとは、大人の代わりに家事や介護などの家族の世話を担う子どものことだ。職員は慌てて男性を追ったが見つからなかった。

 市の担当者は「まさか高額の寄付とは。名乗りもせず、奥ゆかしい方だなと感じ入りました」。寄付金は市の所管する「社会福祉『友愛』基金」に積み立てる予定という。(西見誠一)