二階氏、五輪中止の可能性言及「とても無理となったら」

[PR]

 自民党二階俊博幹事長は15日、今夏に予定されている東京五輪パラリンピックの開催について「ぜひ成功させたいと思うが、そのために解決すべきテーマがたくさんある」と指摘したうえで、「これ以上とても無理だということだったらこれはもうスパッとやめなきゃいけない」と述べ、新型コロナウイルスの感染状況次第で中止もあり得るとの見方を示した。

 TBSのCS番組の収録で語った。中止の選択肢もあるかと問われた二階氏は、「それは当然だ」とし、「オリンピックでたくさん蔓延(まんえん)させたということになったらなんのためのオリンピックかわからない。そのときの判断でいい」と語った。

 一方で二階氏は「国民のみなさんの同意を得て盛り上げていくことは日本にとっては大事なことだ」とも述べ、開催に向けた意欲を強調した。

 菅義偉首相はこれまで五輪について「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証し」と繰り返し、開催を強調している。